磯江毅展

先週のお休みに、県立美術館でやっている磯江毅展へ行きました。

IMG_2564.jpg

期待以上の感動を受けて あれこれ買って帰ってきました。
チラシの絵は 「新聞紙の上の裸婦」

実物は結構大きい絵なのですが、それでも、肌感や髪の表現がどうみても
画像のようにリアルです。そして、構成が美しいと思いました。

クリアファイルになっているお皿の上の鰯は、彼の最後の大作 「鰯」。
白い背景に白い皿と鰯がなんとも簡素だけれど 美しいのです。

究極に写実主義を求めていった結果、みえてくるものは、、、

広島市立大学の教授に就任したばかりの53歳で他界された磯江毅の
こだわりや情熱が伝わるすばらしい展覧会でした。

広島県立美術館で、5月24日まで開催されています。



スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?