ヴェネチアガラスでモザイク教室

名古屋モザイクさんで開かれた、ガラスモザイクのワークショップへ参加してきました。

講師は荒木智子先生。お若くて、かわいくて、優しいのにすごい方のようで
このチャンスにと、大阪からわざわざお越しの参加者さんもいらっしゃいました。

単純にモザイクタイルが好き~、という感じで参加したのですが
荒木先生はイタリアのラヴェンナというモザイクタイルのメッカでタイル工房に入り修行され
東京で今活躍されているモザイク作家さんなのです。

昨日は、ヴェネチアのムラーノ島というところで作られる高級モザイクガラス「ズベルト」
を贅沢に使って、古代の遺産の一部を再現しようというワークショプでした。
先生も、こんなにズベルトの色がたくさんあるところは自宅意外では見たことがない!
と、名古屋モザイクの広島ショールームさんを褒めていらっしゃいましたが
たくさんのガラスのかけらを、「この色でもないし、あの色でもないし、、」と選ぶことの楽しさ!!

IMG_3323.jpg

そして、そのかけらをさらに再現したいものにあわせてカリッパリンッと
道具をつかって割っていきます。

ちょっと怖いですが、ためらっていては進みません。

IMG_3303.jpg
私が制作することにしたのは、どこかの壁画にいたちょっとカワ怖イイ天使ちゃん。

まずはモザイク一個一個の割付をトレースしていきます。

IMG_3305.jpg

そして、その大きさと色を見立てながらハンマーみたいな道具で割って割付ていきます。

IMG_3311.jpg

そして、先生がモルタルを練って土台を作ってくださりいよいよ配置していきます。

IMG_3309.jpg

名古屋モザイクの川原さんが、口をあんぐり開けて見ています(笑)。

IMG_3314.jpg

こんな感じで、史実に忠実に、でもちょっと自分らしい色遣いを入れながら
参加者さんたちとても上手に作られていました。

紀元前3世紀とかの遺跡からすばらしいモザイク画が出たりしているのを勉強して
古代のひとの家に対する思いや、情熱を感じました。

モザイクなエントランスとか、いつか作りたいものです。。。

スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?