チョコレートドーナツ

鷹の橋のサロンシネマが老朽化のため移転するという残念な記事がありました。

私の一番好きな映画館。
何度あの階段を駆け上って、涙をふきながら降りてきたことか。

とくに古いサロンシネマ1のほうがお気に入り。
ゆったりした古いソファみたいなイスと前にある押しボタンつきの(笑)テーブル。

ほんとに映画をじっくり見に来たくてそこにいるお客さまが多いです。
とか言いながら、私は眠りに落ちたことも数限りなくですが

夫をはじめて映画にさそったのもサロンシネマでした。
仕事ばかりの夫は当時、サロンシネマの存在も知らなくて、しかも私が選んだ映画は
本当にマニアックな 犬ぞり使いの老人の物語みたいなので もうタイトルも忘れましたが
きっと、このひとは相当変わり者だとその時不安に思ったことだと今になって笑えます。
当時はそれなりにチョイスしたんですが(笑)

さて そんな残念な記事を見たからというわけではありませんが
以前から気になっていた「チョコレートドーナツ」をサロンシネマ1で観てきました。

poster2_2014052615080636f.jpg


育児放棄されたダウン症のマルコをめぐるゲイのカップルのお話です。
時代は30年くらい前の設定なので、アメリカでもゲイがこんなに社会的に迫害されていたのかと
驚きでしたが、二人の主人公がさまざまな苦難をも承知でマルコを守ろうとするのです。
本当に大切なことって何。。。と深く考えさせられ
そしてとっても温かい気持ちになれる素敵な映画でした。
おすすめです!!!


実際にゲイだというアランカミング深いまなざしで愛を表現するのが
とても印象的でした。


スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?